top of page

建学の精神

うつくしく生きる-removebg-preview.png

高松学園初代理事長である髙松了秀は、真宗の教育を実現すべく、「新しい時代にふさわしい教養豊かな女性を、伝統の念仏の心をもとに育てたい」という願いのもと、学校法人高松学園を創設した。本学園では、この願いを「うつくしく生きる」ということばで表現し、建学の精神としている。

教育方針

    わ      げん    あい    ご

​- 和やかな顔、美しい言葉 -

                1.心の教育を大切にします

                2.こころ豊かな女性を育てます

​                3.あたりまえなことをあたりまえに

何かに「挑戦しよう」とするとき、「きっと大丈夫」という声がどこかから聞こえてきたらどんなに勇気をもらえることでしょうか。その声が、自分の中から発せられるようになって欲しい。それが本校の願いです。「きっと大丈夫」、そんな声に支えられて「可能性」が広がります。

bottom of page