保護者の言葉(普通コース)

2020年3月卒業生

令和元年度卒業生の保護者の方々から寄せていただきました。(原文のまま)


K様 (S・Kさんの父)
中学3年生の時、娘から「神奈川県の親元を離れて長野県伊那市の高校に行きたい」と相談されました。とても不安はありましたが、自分で決めた事であれば頑張ってみなさいと送り出しました。在学中は勉学とクラブ活動の両立に努力して、とても充実した3年間を過ごすことができたと思います。
新体操クラブでは顧問の先生方のご指導のお陰で、協調性やコミュニケーション力、礼儀を学ぶことができました。全校高校選抜大会2位・インターハイ全国大会3位と好成績を収めることもでき、達成感や仲間という宝物を得ることができました。顧問の先生からは勉学にも力を入れるようにとご指導頂き、練習がない日は勉強に励みました。
それまで自分から勉強をしていなかった娘から、「これから勉強するから電話切るね」と言われた時には本当に驚きました。三者面談では、担任の先生から授業中や日々の生活態度、嬉しかったことなどをお聞きして、毎回娘の成長に驚き目頭が熱くなりました。
進路相談では、先生方に面接練習や小論文の添削などご指導をいただき、その様子を娘が電話で嬉しそうに話しているのを聞いて、本当に良い学校に入学して良かったと実感しました。そして、そのお力添えのおかげで、無事に大学に進学することもできました。
この3年間の経験は、娘を大きく成長させて頂いた貴重な時間でした。
(武庫川女子大学健康スポーツ科学部健康スポーツ科学科へ進学) 

K様 (N・Kさんの母) 
中学校時代は、体調面などで様々なことがあり、楽しい3年間だったとはいえませんでした。 
高校入学後、クラブは文芸クラブに入部しました。顧問の先生の「クラス以外の大切な居場所づくり」の思いの通り、居心地の良い場所になったようでした。 
また、生徒会の先輩に憧れ、生徒会役員として活動させていただくことになりました。
これまでそんな経験がなく心配していたところ、やはり大変な事も多く、苦労の連続でした。そんな時は、生徒会や担任の先生、教科担任など、とにかく多くの先生方が相談にのってくださり、仲間にも助けられ、何とか役割を果たせたようでした。 
先生方との距離が近く、学習面、進路相談においても、多くの先生方にきめ細やかにご指導いただきました。先生方はささいな事でも、時間を作ってよく話を聞いてくださいました。そのおかげで、「娘には無理なのではないか」と思っていた多くのことを乗り越えて成長できたことに対して、先生方には大変感謝しております。 
(山梨学院短期大学保育科へ進学)

K様 (S・Kさんの母) 
 私には娘が2人います。 
長女は中学3年の時に不登校になりましたが、伊那西高校在学中の先輩からの勧めもあり、入学前から部活動の練習に参加させていただいていました。伊那西高校は担任の先生に加え、クラブ顧問の先生、教科担当の先生方など多くの先生方が娘と関わって下さいました。長女は卒業して7年になりましたが、妹が伊那西高校に入学したこともあり、時々は顔を出しては先生方に近況報告をしていました。卒業した今でも暖かく見守っていただいて、故郷のようなところだと思います。また、学校行事に加え、PTA活動の中に親も先生方と楽しめる企画があり、楽しい思い出を作ることができました。そんなところも伊那西高校の魅力です。 
 次女が中学3年になり、進路の選択をするときに、私の中では県立高校に加えて、本人が希望すれば伊那西高校も選択肢の一つでした。伊那西高校は私立なので金銭面を心配する声をよく聞きます。私は母子家庭ですが、娘二人を卒業させることができました。
心配もあるかとは思いますが、得るものがたくさんあり、それには変えられないと私は感じています。 
 入学時には進路がまだ決まっていなかった娘は、普通コースを選択して入学しました。
在学中に看護系への進学を決断したわけですが、受験に向けて多くの先生方にサポートしていただき、11月には指定校推薦で合格することができました。 
 3月卒業式は新型コロナウィルスの影響で卒業生と先生方のみで行われました。お世話になった先生方にお礼も言えないままお別れになってしまい、親が卒業できていないような気持ちになることが時々あります。コロナが終息した折には、娘の近況報告とご挨拶に、次女の運転する車で、長女と孫と一緒に伺いたいと思います。 
 4月には伊那西高校の卒業生が私の職場に入職してきました。自分の子供を育てるような気持ちと、お世話になった伊那西高校に少しでも恩返しができる機会と思い、一人前のスタッフに育てられるように微力ながら精いっぱい力になりたいと思います。
(飯田女子短期大学看護学科へ進学)

U様 (K・Uさんの母) 
 娘は、中学3年で進路に迷った時、高校に行かず働いてもいいかなと話すこともありました。親としては、社会に出て働く前に高校へ進学し、今しかできない経験や学問を修得して欲しいという思いでおりました。そんな娘も、中学3年生のときに高校の体験入学へ参加させて頂きました。その体験入学を終えた後、あんなに悩んでいた娘が「伊那西高校へ決めようかな!」と声を弾ませ帰ってきました。実際に自分の目で見て感じた伊那西高校の印象が強く心に残り、娘に決断させたのでしょう。明るい挨拶、きれいに清掃された校舎、先輩や先生方の親切な対応、そういった点が娘の第一印象だったと思います。 
 実際の高校生活では、娘の性格からして楽しい事ばかりではなく、つらい事や悩んだことも多かったと思います。しかし、先生方や周りの友達に支えられながら、自分に与えられた役割を最後までやり遂げることができたと思います。このように乗り越えられた自信が、さらに短大進学へと気持ちを動かしたのではないかと思います。現在は短大へ進学し、将来へ向けて頑張っています。 
 伊那西高校で得た自信は、娘のこの先の人生においてとても大きな財産となることでしょう。大きく成長できた3年間でした。最後まで生徒一人一人に向き合い、寄り添っていただいたことに感謝しております。 
(飯田女子短期大学家政学科家政専攻へ進学)

F様 (K・Fさんの母) 
娘は伊那西で3年間お世話になり、本当に良かったと実感し、感謝しています。 
娘は人と関わることや、自分が経験したことのない初めてのことがとても苦手で、小学校3年生からクラスへ入ることができなくなりました。中学では、クラスに入ることも行事に参加することもできず、支援クラスで半日過ごす毎日でした。そんな娘も当たり前のように高校進学を望み、入試に向けて努力し始めました。娘の状況で入れて、対応してくれる高校はどこか探す中で、個別で見学し、色々な話を聞くなかで伊那西に決めました。 
一般試験で無事入学した娘でしたが、入学式の翌日には学校へ行くことができず、夕方には早速担任の先生と話をしました。慣れるまでは、娘のできる範囲で学校へ行くことや、中学での生活に戻すことから始めようと、翌日からは相談室へ半日だけ登校するという柔軟な対応をしていただき、少しずつ慣れて行動範囲が広がりました。1年の後半に差し掛かるころには、このままでは進級が危ういと伝えられましたが、絶対に進級するという目標ができた娘に、担任の先生だけでなく学校全体で娘に寄り添い、支えてくださいました。事前に見学したり、詳しく説明を受けたりと、丁寧に対応していただくなかで、今までにない頑張りを見せた娘は、無事進級することができました。 
この1年間で力をつけてきた娘は授業だけではなく、行事にも同じように参加でき、皆と楽しむことができるようになっていました。 
卒業後の進路についても、本人の希望を聞きながら、一番良い方向を一緒に考え指導してもらいながら、短大に進学することができました。コロナの影響で変則的ではありますが、学生生活と一人暮らしを頑張っています。目標をもって将来を見据えることができるようになったのも、伊那西の校風と先生方のお陰です。 
(飯田女子短期大学家政学科家政専攻へ進学) 

U様 (T・Uさんの父) 
 2020 年3月に、3年間お世話になった伊那西高等学校の学び舎を卒業致しました。 
娘が中学生の頃は、私立の女子高に通う事になるとは正直思っていませんでしたが、ご縁があり、伊那西高等学校に入学したことは、今思うと必然と言いますか、本当に良かったと思っております。 
クラスでも親身になって頂ける先生や、良い友達に恵まれました。クラブ活動も根気強くご指導いただいた先生方、面倒を見ていただいた先輩方、支えてくれた同学年の仲間、後輩の皆さんのお陰で、キャプテンを務めた3年生の時は高校総体で県大会に出場することができました。保護者も抱き合って喜んだあの時のことを、決して忘れることはありません。楽しいことより苦しいことの方が多かったかも知れませんが、3年間で学校やクラブに行きたくないと言うのを一度も聞いた事がなかったのは、関わっていただいた全ての皆さんのお陰です。小さい頃から、自分で決めた事は責任を持って取り組む様にと言ってきましたが、この3年間で人としてさらに成長できたのも、皆様のお陰であります。また色々な経験もさせていただき、度胸もついたかなと思いますね(笑)。 
進路を決める時期には、面接で長所をアピールできるように練習を何度もやっていただき、本当に親身になってご指導いただいたことに感謝申し上げます。お陰様で自分の希望する企業様に入る事が出来ました。しかし、それはゴールではなくスタートです。
この4月からは、社会人として頑張っていますが、伊那西高校でご指導頂いた『思いやり』の気持ちを大事にし、自分なりに頑張って欲しいと思っております。 
 3年間、本当にお世話になりました。本人、親も良い思い出が沢山でき、伊那西高校にお世話になったのは、やはり『必然』だったと思います。 
(伊那食品工業株式会社へ就職)

T様 (M・Tさんの母)
 娘は、何でも自分が!という積極的な性格では決してありませんでしたが、1年生ではルーム長、3年生では弓道クラブ長というとても貴重な経験をさせていただくことができました。
 中学時代は剣道部に所属しておりましたが、伊那西高校には剣道部がなく「クラブどうしようかな・・・」と悩んでいたところ、担任の先生、弓道クラブ顧問の先生がお誘いくださいました。初めは娘も入学したばかりでやったことのない弓道への不安で迷っていましたが、意を決して入部する事にしました。今思うと、この時こそが娘にとってのターニングポイントになったように思います。
 高校生活では楽しいこともたくさんあった半面、自分の立ち位置・立場をわきまえ、友人・後輩への気持ちの伝え方などに悩み、涙したこともありました。しかし、そんなときには、いつも素晴らしい友人、先生方に声を掛けていただき励ましてもらえたと娘から聞き、私としても安心していました。
 この3年間、勉強はもちろんですが、人として、そして、社会に出て生きていくうえで大切なことを、この伊那西高校で学ばせていただけたと思います。この春、大手企業へ就職することができ、新しい環境の中、日々大変ながらも笑顔で頑張っています。今の娘があるのは担任の先生をはじめ友人、顧問の先生、多くの先生方の温かく熱心なご指導のお陰だと心から感謝しております。
(長野オリンパス株式会社へ就職)

 

TEL:0265-72-4091

FAX:0265-72-4147

​〒399-4493 長野県伊那市西春近4851

©2020 高松学園 伊那西高等学校