保護者の言葉(進学コース)

2020年3月卒業生

令和元年度卒業生の保護者の方々から寄せていただきました。(原文のまま)


O様 (S・Oさんの母)

「なぜ伊那西を選ぶのか」
娘が伊那西高等学校を選択したのは、あるスポーツを続けるためでした。学習面も力を付けるため進学コースに入学しました。実際に伊那西の良さを知らないまま入学を迎えた私の頭の中にはいつも冒頭の言葉がありました。正直、当時の私には不安という言葉しか無かったのです。本当に伊那西で良かったのか、そんなことばかり考えていました。入学式当日、会場で隣に座った保護者の方に尋ねると、「ここは進路について本当に熱心に指導してくださるから、姉妹でお世話になっているご家庭が多いですよ」そんな言葉が返ってきました。その言葉も半信半疑で聞いていました。入学式が終わり、教室へ戻り担任の先生のお話を聞くと、先生の子どもたちに対する熱い想いが伝わってきました。不安が少し和ぎました。
娘の高校生活はスポーツ中心に回っていました。諏訪から 2 時間掛けて電車で通うため、部活を終えて帰宅するのは夜遅く、自主学習などしている時間はほとんどありません。大会等で公欠することも多く、学習に遅れが出ることもありました。1 年の頃は自身の夢も明確ではなく進路についても思い悩んでいる時期でした。ですが、そこにはいつも子どもの力を信じて勇気をくださる伊那西の先生方の存在がありました。3 年になって「公立大学への AO 入試に挑戦したい」という決意を娘が担任の先生へ伝えた時、それは決して可能性の大きいものでは無いにも関わらず、先生は力強く背中を押してくれました。並行して不合格の時の進路の選択も真剣に考えてくださり、安心して第一志望の試験へ挑戦することができました。AO 入試は、実技試験、面接、小論文が選抜方法でした。その一つ一つに様々な先生が携わって熱心に指導してくださりました。また、生徒たちも実技試験や面接のための練習に協力してくれたのです。そんな状況の中で戦っている娘を見ていると、「挑戦するだけで充分に得るものが多い」と思ってしまうほど恵まれた受験環境でした。公立大学への挑戦は娘にとっては高いハードルだったと思います。そのハードルを乗り越えることができたのは紛れもなく伊那西の先生方のおかげです。熱心な御指導の元で娘は自信と勇気をもって試験に臨むことが出来たのです。
この 3 年間で娘の人間性は大きく成長しました。それは娘に携わってくださった多くの先生や友人との関わりがあったからです。入学式の時に保護者の方から聞いた言葉は真実でした。子どもの夢に向かって全力でサポートしてくださるのが伊那西高校です。伊那西を選んで本当に良かったです。

(都留文科大学教養学部学校教育学科へ進学)

​​

K様 (N・Kさんの母)

親としては公立高校に行く進路を中学3年の12月には決めていました。

しかし、伊那西の校長先生が進路講話のために中学校に来てくださり、娘はその話を聞いてから伊那西に興味を持ちました。その後、学校説明会に3度も足を運び、沢山の質問をして、自分の目で見て感じ、どうしても伊那西の進学コースに入りたいと言うようになりました。

無事に進学コースに入りましたが、母親としては女子校と言うこともあり、友人関係がうまく作れないのではないか、いじめなどがあるのではないかと心配していました。

入学してしばらくしたら娘がこう言うのです。

「小学校と同じくらい素で友達と話が出来る。毎日が楽しい。」

親としてホッとしました。

高校入学後、目の色を変えて、毎日自分から机に向かって勉強する姿が見られるようになりました。分からなければ分かるまで先生に聞き、娘なりの努力もあり、成績がグングンと伸びました。なぜそのように大きく変わったのかというと、素晴らしい先生方から、たくさん褒めてもらったからです。先生方の温かい言葉が娘を大きく成長させてくれました。

また、クラスメイト全員が仲良く、分からないことがあれば教えあい、皆で目標に向かって努力できるクラスであったこと、そして担任の先生との大きな絆と信頼関係があったことで、娘自身が目標を見つけ、希望通りの大学に合格することができました。沢山の思い出を胸に、娘はその担任の先生と同じ数学の教師を目指して頑張っています。

(岐阜聖徳学園大学教育学部数学専修へ進学)

K様 (Y・Kさんの母)

伊那西高校への入学を決めたのは、中学時代、先生に勧められたことがきっかけでした。体験入学に参加し、すぐに入学を決めました。“進学コースで一生懸命頑張りたい”という娘の強い意志による決断でしたが、それとは反対に、親としては不安で一杯でした。中学時代は、宿題はやるものの、その他の勉強といえば、好きな科目だけ勉強するというスタイルだったからです。何度も進学コースでいいのか話し合った末、それでも進学コースに行きたい、という希望に背中を押しました。
クラスの友人と教え合い、先生方に何度も質問するなどして多くの人に支えてもらいながら、学校生活を通して「勉強」というものの楽しさを見つけることができたようです。机に向かう長さがだんだん増していくのを実感し、いつしかあの時感じていた不安は消えていました。毎日楽しい、やっぱり伊那西に入ってよかったと言って、張り切って学校生活を過ごす姿はとても凛々しく、充実感に満ち溢れていました。
進路に関して考え始めた頃、成績が伸び悩んでいた娘に対し、担任の先生は「今、やっていることはすぐ身になるわけじゃない。いずれ上がるから、そのまま続けなさい。」と優しく言葉をかけてくださいました。その言葉に救われ、まだ頑張ってみる、と諦めずに受験までやり抜くことができました。そんな風に温かく見守り、指導してくださる先生方がいてくれたからこそ、娘は目標に向かって真っすぐ突き進むことができたのだと思います。最後の最後まで寄り添い、彼女の目指す美術の道を熱心に応援してくださったこと、本当に感謝の思いが尽きません。
また、3年間の高校生活においてクラスやクラブの仲間、そして先生方と数えきれないほどの思い出を作りました。共に苦しみ、喜びを分かち合った日々は今後生きていく上で大きな糧になることと思います。
伊那西高校を選んで、本当によかったです。素晴らしい3年間をありがとうございました。
(福井工業大学環境情報学部デザイン学科へ進学)

H様 (M・Hさんの父)

伊那西高校の進学コース入学は、少人数で一人一人に目が行き届くということで決めたように思います。

長男の公立高校の時に比べて定期的にクラスのお便りがあり、担任や親同士の懇親会や、担任や先生方との交流会がたくさんあって、親が楽しく学校と関わることができました。クラブ活動は合唱クラブでNHKコンクールや2年生で信州総文祭の参加などがあり、頑張ってやっていました。また、クラス対抗合唱コンクールなどでピアノの伴奏を任されて一生懸命にやっていました。

一番感謝していることは、進学に対して、担任を含め沢山の先生方がフォローしてくださったことで、無事希望した大学に合格することができたことです。

娘は英語を使った仕事に就きたい思いが強く、外国語大学への入学を希望していました。1年から外国語の大学のオープンキャンパスに参加するなかで、3年で名古屋外国語大学進学への思いを強めてきました。

そこで、9月の特別選抜試験(英検2級取得者対象)受験に向けて6月に英検2級に挑戦しました。過去2回不合格だった英検2級ですが、英語の先生に試験対策の練習の相当付き合っていただいたおかげで最後の挑戦で合格することができました。8月のオープンキャンパスの際に、9月の特別選抜試験は難易度の高い試験であることがわかり、受験するかどうするか悩みましたが、受験することに決めました。そして、そこから自己推薦文の作成や英作文、面接での日本語、英語の練習など担任、英語の先生などに手伝っていただき大変な思いをして何とか受験にこぎつけましたが、結果は不合格でした。しかし、ここであきらめることなく、11月の一般公募受験に向けて赤本を購入、過去問を頑張ってやっていました。9月に一度受験したこともあって、落ち着いて受験することができたようで、無事、現代英語学部に合格することができました。振り返ってみると、色々と悩み苦しみながらも先生方に助けていただき、模試の結果では合格が難しいと判定された一般入試での合格にたどり着きました。また、自己推薦文等に取り組んだことも、自分や将来のことをしっかり考えるきっかけになり、無駄にならなかったと強く思いました。

(名古屋外国語大学現代国際学部現代英語学科へ進学)


A様 (M・Aさんの母)

娘さんの進路に悩んでいる親御さんに一言。この伊那西高校の三年間で娘さんはきっと素晴らしく成長できると思います。ですから、是非とも入学をお勧めします。

冒頭にいきなりで失礼いたしました。

我が娘は『人前に出て堂々と話すこと。思っていることをうまく伝えること』がすごく苦手でした。気持ちを相手に伝えることに抵抗を感じながら日々生活を送っていたのだと思います。そんな娘が、自分に自信をつけ、克服しました。180度変わったといっても過言ではありません。きっかけは、この度合格した大学のAO入試でした。この入試は一次試験が課題に沿っての小論文、一次合格者は二次試験でパワーポイントを使ってのプレゼンテーションでした。課題に対しての現地調査やデータ収集などは自力でやるしかありません。アンケート調査や設備の見学等、時間のある限り取り組みました。先生方のお力添えも頂いて資料が完成し、娘は本番まで毎日気を緩めることなくプレゼンテーションの練習に励み、100%に近いくらい暗記して本番を迎えました。その甲斐あってか、当日の娘の堂々たる姿、やり遂げた姿、脱帽でした。こんなにも成長したのかと。

娘自身の努力はもちろんのこと、伊那西高校の先生方と協力して頂いた生徒さん、地域の皆様のおかげで娘は成長出来ました。伊那西高校に入学していなければ出来ない経験を娘はさせて頂いた気がします。

娘は母を尊敬してくれていると卒業式の日に手紙をくれました。母も同じく娘を尊敬しています。親子の絆を強くさせてくれたのは、伊那西の魔法です。 

本当に3年間ありがとうございました。

(日本大学経済学部産業経営学科へ進学)


A様 (Y・Aさんの母)

私たちが伊那西高校に訪れたのは、娘が高校2年生の10月、転入をするためでした。転入の手続きはとてもスムーズに進み、校長先生、教頭先生の面接、編入試験の後、入学許可をいただくことができました。担任の先生は、初対面の場でとても不安で緊張していた娘に対して「友達と仲良くやろうね。クラブ活動は書道の経験があるなら書道クラブなんてどう?」と静かに微笑みながら優しく声をかけてくださいました。最初は卒業できるだろうかと不安な状況にありましたが、担任の先生やクラスメイトの優しさにより、みるみるうちにクラスに馴染んでいきました。転入生とは思えないほど、伊那西高校の生活に溶け込むことができていった娘に対して、私は驚きを隠せませんでした。

しかし、転入したころの勉強のできは、クラスの足を引っ張るほどの悪さで、こんなにも他の生徒と差があるのかと呆然としていました。そこで、娘は毎日帰宅すると机に向かい、がむしゃらに勉強をしました。当たり前のことを当たり前にやる大切さ、それを担任の先生が教えてくれたのです。クラブ活動でも顧問の先生が娘の得意分野を任せてくださり、自信をつけることができました。

3年生になると、今まで進路のことを考えていなかったので、焦っていた娘に対して、「本来であれば1,2年生で考えることを今一度にやっているので仕方ないことです。焦らなくても大丈夫。」と担任の先生は優しく見守ってくださいました。伊那西高校の先生方は進路が決まらず二転三転する娘に、本当に親身になって相談に乗ってくださいました。彼女のやりたいことを見つけ、将来の夢に導いてくださった先生方には感謝しかありません。

二つの高校へ通った娘だからこそ、伊那西高校の良さがわかります。娘の目線に立ち、ともに喜び、笑い、ともに悲しみ、涙を流してくれた先生方に心から感謝申し上げます。

新たな夢に向かい、希望する大学へ進学できたのも先生方のおかげです。伊那西高校を卒業できたことを本当に嬉しく思います。

(日本女子体育大学体育学部スポーツ健康学科健康スポーツ学専攻へ進学)




I様 (E・Iさんの父)

娘は「一生懸命勉強して国家試験の資格を絶対に取得する」と親から見ても、今までには考えられないくらい勉強に対する意欲、将来の夢を持って医療系の大学に進学しました。ここまで強い意志を持つようなったのは、伊那西高校の3年間の学校生活が基礎になったと思います。

振り返ると伊那西高校を志望した理由は、女子高であること、2歳上の姉もお世話になっていたこともあり、心強く思ったのでしょうか。親としては、「他の選択肢はいくらでもあったのに何故?」という思いはありましたが、伊那西高校の教育方針・教育システム・バックアップ、そして近年の評判を耳にして、伊那西高校への入学を後押ししました。

運動系のクラブに入り、勉強との両立は大丈夫かと心配しましたが、担任の先生が3年間を通して向上心を煽り、自信を持たせ、上手くクラスをまとめてくれました。進学先に迷っていた娘も、先生の助言のおかげで進路先を決めることができました。進路先が決まった後は、担任の先生の他、各教科の先生方が親身になって指導をしてくださいました。

これから新たな目標に向けた大学生活、その後の社会人生活では様々な壁に突き当たると思いますが、伊那西高校でのクラブ活動で養った団結力・忍耐力、クラスの仲間との楽しい思い出を糧に、乗り越えて行ってくれると信じています。3年間の思いが詰まった制服も、しばらくは残して置きたいとそのままにしてあります。

(長野保健医療大学看護学部看護学科へ進学)



N様  (M・Nさんの母)

 学校説明会で心に残っていることは、隅々まで綺麗にされた校舎内外、少人数クラス編成制の素晴らしさ、教頭先生の「公立と違いお金を多く頂いている分、しっかりと教え、手を掛けてあげられる」と目を輝かせておっしゃっていたことです。

 入学当初の懇談会で、担任から「勉強しろと言わなくていいです」と言われ、半信半疑でしたが、自分から学習し、親の予想していた以上に成績を伸ばしていただきました。中学では一番の苦手科目が、高校では楽しくなり、大学の進路を決めるきっかけとなりました。

 3年間でいろいろなボランティア活動にも参加し、交流を広め、生徒会では全校生徒の前で話をし、自分から積極的に活動するように変われたのも、優しく時に厳しく指導してくださる先生方に見守られ、良き学友にも恵まれからだと心からありがたく思います。

 保護者同士の関わりもとても楽しい3年間でした。伊那西高等学校独特でしょうか、お父さん方も積極的に参加し、夫婦でバレーボールを楽しんでいる姿が多く見られました。これを見ても学校と保護者の関わりが良いものだとよくわかります。

 卒業式後、「とても楽しい3年間だった。落ち着いたら先生方に会いに行きたい…」と娘から出た言葉に、とても素晴らしい高校生活だったことがわかりました。先生方に感謝し、この学校に入学させていただき、本当に良かったと実感しています。

(京都女子大学文学部英文学科へ進学)

O様 (K・Oさん、O・Oさんの父)

私の娘は他の高校を希望していましたが、伊那西高校卒業の叔母の話や、中学校の先生の話を聞き、ギリギリで伊那西高校を受験することにしました。

娘は進学コースでしたが、入学してからは人が変わったかのように家で机に向かうようになりました。 話を聞いてみると「学校が楽しい」「テストの点を下げたくない」という言葉が返ってきました。とても自分の娘から発せられた言葉とは信じられず耳を疑いましたが、同時に進学して早々に「成長したな」と感じたのも良い思い出です。

先生からも、娘や友達の学校での様子を、様々な行事の際に詳しく聞くことができました。学校では、クラスの友達同士で勉強を教えあったりしていたそうです。実際、人に勉強を教えるときには自分もしっかりと理解していないと教えられないそうです。先生方が授業でしっかり理解出来るような教え方をしてくださっていたからこそ、友達同士で勉強を教えあえていたのでしょう。

大学進学の際にも、学校中の先生方が娘たちの為に尽力してくださいました。クラスの生徒一人一人の希望に添うような進路を生徒に示していただきました。そのかいあって、娘は自分の第一希望の大学に早々に合格することができました。

学校生活ではクラブ活動にも力を入れてクラブ長もやらせていただいていました。とても楽しかったようで、クラブ活動一辺倒にならないか心配していましたが、こちらでも先生方のサポートのお陰でやり抜くことができました。

伊那西高校では生徒一人一人の自主性、やる気を伸ばして成長させてくれます。もしも娘さんが進学に関して迷っているようでしたら、「伊那西高校」も一つの選択肢として相談してみてはいかがでしょうか。

(長野大学社会福祉学部社会福祉学科、日本福祉大学教育心理学部子ども発達学科へ進学)


M様  (A・Mさんの母)

私は伊那西高校の卒業生です。一日体験入学の案内を見て、当時進路に迷っていた娘に伊那西も見てきたらどうかと勧めてみました。実際、体験入学の後は気に入った様子で帰ってきたので勧めてよかったなと思っています。
当初、娘は普通コースに行くのだと思っていた私。聞いてみると進学コース希望でした。私は娘が進学コースに入ってもついていけるのか少し不安でした。しかし、少人数クラスで先生が分かるまで丁寧に教えてくださいました。苦手な教科もコツコツ取り組み、友だちや先生方のサポートもあり徐々に克服していきました。正直、伊那西に入学してからの成績の伸び具合には驚きました。第一志望に合格できたのも本人の努力ももちろんありますが、先生方が熱心に指導してくださったおかげだと思っています。
娘は3年間、1日も休まずに学校に通い、クラブ活動、ボランティア活動にも積極的に参加していました。高校生活の3年間はとても充実した日々だったと思います。これから勉強、勉強の毎日ですが、自分の目指すものに向かって、いろんな知識を身につけていってほしいとおもいます。卒業式には参加できなくて残念でしたが、先生方には大変お世話になりました。ありがとうございました。

(諏訪中央病院看護専門学校へ進学)

K様  (H・Kさんの母)

中学校の進路指導で伊那西高校を知り、進学にも就職にも強いという評判を聞きました。また、高遠方面までスクールバス(月々数千円)が来てくれるのも大変ありがたく、娘も全く女子高校に抵抗がなかったので入学を決めました。

実際に入学して、何より良かったのは先生方の熱意です。心から担任の先生を尊敬し、憧れているのが伝わってきました。私が同じことを言っても届かない言葉が、先生から聞くと素直に心に入っていくような所もありました。

娘が入った進学コースからの就職は少ないですが、先生がとても熱心で細やかに何回も相談にのって下さいました。企業体験をするインターンシップも早い時期にあり、気持ちが固まっていきます。面接の練習も丁寧に何回も行って下さり、面接の練習を通して、娘はより自分の考えがまとまっていったような気がします。

伊那西高校の特色の一つに仏教の授業があります。我が家は無宗教といっても良い程、普段の生活の中に宗教的要素は少ないのですが、グローバル化が進むなか、あまりに仏教について知らなさ過ぎると思うことが増え、日本人として仏教について学ぶ時間があることはとても良いことだったと思います。入学式をはじめ仏教にまつわる行事がいくつかありますが、厳かでとても印象深かったです。

クラブ活動は運動クラブが有名で全国でも活躍されていますが、文化クラブも負けず劣らず盛んです。運動が得意でない娘は文化クラブのビジネスキャリアクラブに入り、簿記3級を取らせていただき就職活動にも役立ちました。商業科でなく簿記3級を目指せる高校はあまりありません。残念ながら新入部員が入らず、現在は廃部になってしまいましたが、希望すれば復活するのではないでしょうか。何事もとても柔軟に対応して下さいます。

勉強、進路指導だけではなく、行事も本気で行われ、クラス毎に団結し、楽しく燃えて一生懸命参加しておりました。生徒一人一人にスポットライトがあたる出来事を作って下さっていたように思います。

人間として女性として大きく成長させていただいた3年間でした。

(日本発条株式会社へ就職)

 

TEL:0265-72-4091

FAX:0265-72-4147

​〒399-4493 長野県伊那市西春近4851

©2020 高松学園 伊那西高等学校